全国精神保健職親会(旧称:全国精神障害者就労支援事業所連合会)

精神障害のある方の働く生活を応援します!
ホーム >イベント情報 > イベント内容

「SPIS セミナー(入門編)」(神戸)開催のご案内

精神障害者(含・発達障害者)の雇用現場では「就労の継続」が課題です。全国精神保健職親会が運営する「SPIS」は、精神障害者が自身の日々の状態をWeb 日報として記録し、職場担当者及び外部支援機関と共有することで、当事者に対して適切な配慮や早期からの介入を可能にします。
すなわち、「SPIS」は、当事者と職場、支援者の対話を活性化する新しい就労継続支援のツールです。研修会では、「SPIS」独自の視点の紹介と就労定着支援への活用事例、普及・運用の状況、具体的な導入方法等について報告します。


令和2年度 第1回精神障害者就労支援事業所連合会(職親会)研修会
就労支援システム「SPIS」セミナー(入門編)
~当事者と職場、支援者の対話を活性化させるWeb 日報システム「SPIS」~
■概要
日 時:2020年9月5日(土) 14:00 ~ 16:40(受付開始13:30)
会 場:兵庫県こころのケアセンター 3階 大研修室
(〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-3-2)
(GoogleMapで表示する)
講座担当:一般社団法人SPIS研究所
定 員:50名程度(要・事前申込)
参加費:無料

対 象:企業、就労支援機関、精神科医療機関、行政機関など、精神障害者(発達障害者含む)の就労をサポートする全ての皆様


■当日のプログラム
(※内容・担当者等、詳細は変更となる場合があります。)

14:00~14:05 開会挨拶(5分)
兵庫県精神障害者就労支援事業所連合会(職親会) 会長
全国精神保健職親会 理事 野村 浩之

14:05~15:00 講演(55分)
「就労支援ツール SPIS とはどんなシステムか」
・システムの概要と支援に求められる視点
・簡単な操作の説明
講師:一般社団法人SPIS研究所 所長 橋倉 正

15:00~15:15 小休憩(15分)

15:15~16:15 事例報告(60分)
「SPISを活用した就労定着支援への取り組み」
医療法人社団 東峰会 就労移行支援事業所 Small Steps「なゆた」
・関西青少年サナトリューム 地域リハビリテーション事業部長 馬場 麻里子
・就労移行支援事業所 Small Steps「なゆた」 就労支援員 宮本 紗綾
Small Steps「なゆた」での訓練を経て、企業で働く当事者
外部支援員:NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク JSN新大阪アネックス 所長 橋本 泰伸
進行:NPO法人 全国精神保健職親会 主任コンサルタント 三原 卓司

16:15~16:35 情報提供(20分)
「SPISの全国普及状況と運用状況」
・これまでの普及活動と現在の普及状況、運用状況
・今後の方向性について
・導入方法 その他 質疑応答など
進行:NPO 全国精神保健職親会 主任コンサルタント 三原 卓司

16:35~16:40 閉会挨拶(5分)
 



■参加方法

参加ご希望の方は、下記PDFをダウンロードいただき、必要事項をご記載の上、FAXにてご送信ください。
また、別紙「研修会参加にあたってのお願い」をご一読いただき、問診票・連絡票に記載のうえ、当日ご持参ください。

・申込先:兵庫県精神障害者就労支援事業所連合会(職親会) 事務局 宛
(〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-3-2 兵庫県精神保健福祉センター内)

・FAX:078-252-4981

・TEL:078-252-4980(担当:中谷)

・締切:2020年8月29日(土)(定員になり次第締め切ります)

・詳しくは、こちらのPDFをご覧ください。


※お預かりした個人情報は、本セミナーの管理や手続などでのご連絡、当会からの各種お知らせ等以外での目的では一切使用致しません。


主催:兵庫県精神障害者就労支援事業所連合会(職親会)・兵庫県精神保健福祉センター

共催:NPO法人 全国精神保健職親会(vfoster)

講座担当:一般社団法人SPIS研究所

 



このセミナーは公益財団法人JKAから競輪公的資金の提供を受けて実施されます。

事業所連合会のホームへ戻る

↑ PAGE TOP