全国精神保健職親会(旧称:全国精神障害者就労支援事業所連合会)

精神障害のある方の働く生活を応援します!
ホーム >イベント情報 > イベント内容

「SPIS セミナー(基礎編)」(神戸)開催のご案内

全国精神保健職親会が運営する「SPIS」は、当事者と職場、支援者の対話を活性化する新しい就労継続支援のツールです。第1回研修会では「SPIS」の紹介と就労定着支援への活用事例、普及・運用の状況、具体的な導入方法等について報告しました。第2回研修会では、実際に「SPIS」の操作体験を通じて、当事者との関係をどのように作り理解を深めていくのかについて学びます。感染予防の観点から、当日操作実習に使用する端末(ノートPC・タブレット)は、お手数ですがご持参下さい。お持ちで無い方には、レンタル端末の手配を行います。


令和2年度 第2回精神障害者就労支援事業所連合会(職親会)研修会
就労支援システム「SPIS」セミナー(基礎編)
~当事者と職場、支援者の対話を活性化させるWeb 日報システム「SPIS」~
■概要
日 時:2020年10月10日(土) 13:30 ~ 16:30(受付開始13:00)
会 場:兵庫県こころのケアセンター 3階 大研修室
(〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-3-2)
(GoogleMapで表示する)
講座担当:一般社団法人SPIS研究所
定 員:20名程度(要・事前申込)
参加費:1,000円(Wi-Fi等実習機材使用料として)※当会にて手配します。

対 象:企業、就労支援機関、精神科医療機関、行政機関など、精神障害者(発達障害者含む)の就労をサポートする全ての皆様


■当日のプログラム
(※内容・担当者等、詳細は変更となる場合があります。)

13:30~13:35 開会挨拶(5分)
兵庫県精神障害者就労支援事業所連合会(職親会) 会長
全国精神保健職親会 理事 野村 浩之

13:35~13:50 イントロダクション(15分)
「なぜ SPIS は就労定着に役立つのか」
・入門編講座の復習
・支援に求められる視点

【講師】
一般社団法人SPIS研究所 所長 橋倉 正

13:50~14:20 Session1(30分)
「SPIS 操作実習」
【講師】
一般社団法人SPIS研究所 所長 橋倉 正
NPO法人 全国精神保健職親会 主任コンサルタント 三原 卓司

14:20~14:25 休 憩(5分)

14:25~15:35 Session2(70分)
「SPIS を通じて当事者をどのように理解するか」
SPISでは当事者のセルフチェックを起点として職場担当者と外部支援者が当事者を理解します。ここではグループワークを交えながらそのポイントを学びます。
【講師】
一般社団法人SPIS研究所 所長 橋倉 正

15:35~15:40 休 憩(5分)

15:40~16:10 Session3(30分)
「SPIS のなかで当事者とどのように関係をつくるか」
SPISではネット上のやり取りに加え、関係者が対面でやり取りすることで関係が一層深まっていきます。このセッションではそのポイントを学びます。
【講師】
一般社団法人SPIS研究所 所長 橋倉 正

16:10~16:30 振り返り(20分)
「振り返り・意見交換・質疑応答」

講座を振り返り、意見交換・質疑応答を通じて、本セミナーの理解を深めます。



■参加方法

参加ご希望の方は、下記PDFをダウンロードいただき、必要事項をご記載の上、FAXにてご送信ください。
また、別紙「研修会参加にあたってのお願い」をご一読いただき、問診票・連絡票に記載のうえ、当日ご持参ください。

・申込先:兵庫県精神障害者就労支援事業所連合会(職親会) 事務局 宛
(〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-3-2 兵庫県精神保健福祉センター内)

・FAX:078-252-4981

・TEL:078-252-4980(担当:中谷)

・締切:2020年10月3日(土)(定員になり次第締め切ります)

・詳しくは、こちらのPDFをご覧ください。


※お預かりした個人情報は、本セミナーの管理や手続などでのご連絡、当会からの各種お知らせ等以外での目的では一切使用致しません。


主催:兵庫県精神障害者就労支援事業所連合会(職親会)・兵庫県精神保健福祉センター

共催:NPO法人 全国精神保健職親会(vfoster)

講座担当:一般社団法人SPIS研究所

 



このセミナーは公益財団法人JKAから競輪公的資金の提供を受けて実施されます。

事業所連合会のホームへ戻る

↑ PAGE TOP